HOME>ホットトピックス>大阪に家を持つなら分譲住宅も検討すべき!

大阪に家を持つなら分譲住宅も検討すべき!

注文住宅と分譲住宅とで異なる点とは

新築一戸建てというのは一般的に注文住宅といって、一から自分の家を建てることを言います。土地を購入し、自分の自由に家を建てることができるのが特徴です。建築過程も確認できるので、できる範囲であれば途中で変更もできますし、家族に合わせた家を作ることができます。しかし、価格は他の住宅と比べ高い傾向にあります。また、打ち合わせの時間や手間もかかります。建ってみてイメージと違ったということや思わぬ不具合が生じたということも聞かれるのも現状です。一方、分譲住宅の場合はすでにできている住宅を購入することになります。ですので、事前に実際の住宅を見ることができます。また、購入してから引っ越しまでもすぐに行なうことができます。

分譲住宅の長所と短所も知ろう

分譲住宅の長所は、注文住宅と比べて価格が安いことです。分譲住宅は何棟か同時に建設されるのでコスト削減になり販売価格にも影響してきます。また、価格も明確なのであとから予算オーバーになることがないのが安心で、購入前に住宅に実際に入ることができるので、生活のイメージや家具の買い替えなどの計画がしやすいのも特徴です。また、多くの人が住みやすい間取りになっていることが多いので、特にこだわりが強くないけれど、住みやすい家が良いという人には分譲住宅はおすすめです。しかし、分譲住宅には短所もあります。間取りが完成されていることがほとんどなので、注文住宅のようにカスタマイズはできません。ですので、こうしたいという強い希望のある方には向いていないでしょう。しかし、最近では自由設計プランという間取りを後から決められる分譲住宅もあるのでこだわりのある方は検討してみるといいかもしれません。

広告募集中