HOME>オススメ情報>【大阪狭山市で叶える】新築一戸建ての夢!

大阪狭山市で新築一戸建てをお考えの方へ

マイホームを手に入れたいという夢を叶えるために、一戸建てを検討する方も多いです。でも、一戸建てって実際住んでみないと良いものなのか気になりますよね。新築一戸建てを手に入れた人の声や一戸建ての工法について解説しています。ぜひ参考にしましょう。

【大阪狭山市で叶える】新築一戸建ての夢!

一軒家

一戸建ての主な工法

子育てするのにも良い環境となる一戸建てですが、そんな新築一戸建てを建てたいとなった時にまず考えたいのが工法についてです。主な工法を紹介しますので、マイホームを手に入れる時の参考にしてみてください。大阪狭山市の新築一戸建てでよく用いられているのが、木造の工法2種類です。1つ目の木工軸組工法は日本家屋でよく使われていて、柱や梁をつかって建物を作っていく工法です。間取りが思い通りになりやすいのが特徴です。2つ目は、2×4工法です。この工法は箱型を組み合わせて行く工法で、耐震性や耐火性に優れているのが特徴です。しかし、間取りは限られてしまいます。

木造以外の工法

木造以外の工法にも種類があります。まずはRC造といい、鉄筋を組み立ててからコンクリートを流し込む工法です。耐久性に優れているけれど、建築費が高いのが特徴です。2つ目は鉄骨造です。柱や梁を鉄骨で造る工法です。間取りが自由にできる一方で、値段が高いのが特徴です。3つ目はプレハブ工法といい、素材は様々ですが、部材を工場で作ってから、現地で組み立てるのみの工法です。工期が短くて済むのが特徴です。どの工法を使って家を建てるのかで、価格や間取りに関わってきますので、家を建てる際や購入の際は聞いておくといいでしょう。また、最近では分譲住宅でも天井を高くして、構造にこだわった家がよく見られます。住んだ人がずっと安心して暮らせるように考えられた家なら、購入しても満足すると言えるでしょう。分譲住宅を検討している方は、こだわりポイントもチェックしておいてください。

広告募集中